私たちとつながる

政治

なぜ安倍首相はなりふり構わず「石破潰し」に動くのか

更新日

9月下旬に予定される自民党総裁選を控え、安倍晋三首相が三選を目指し、「石破潰し」に向けてなりふり構わず動き始めた。月刊文藝春秋の名物連載で、毎月、政界の動きを取材し続けている「赤坂太郎」のインサイド・リポートを、8月10日発売の文藝春秋9月号から特別に転載する。

【写真】額賀福志郎に代わって派閥会長に就任した竹下派の竹下亘

◆ ◆ ◆

連続三選を目指す安倍晋三首相と石破茂元幹事長による自民党総裁レースは、一騎打ちへと雪崩れ込んだ。

もはや戦いの焦点は、安倍がどれぐらい石破を圧倒するのか、あるいは石破がどれだけ善戦できるかという「安倍の勝ち具合」に移っている。麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、二階俊博幹事長ら政権の骨格が三選後にどう変わるか。すでに具体的な人事情報が口の端に登り始めている。

No image

©文藝春秋

両者激突の構図が固まったのは、岸田文雄政調会長が3年前の総裁選に続いて立候補見送りを決め、安倍支持を表明した7月24日の午後のこと。

「自分の思うことをきちんと申し述べてご審判を仰ぐという方針に何ら変わりはない」。石破は岸田の不出馬を受けて記者団にこう語り、安倍に挑戦する考えを鮮明にした。

その直前の昼前、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ宴会場「edo ROOM」。安倍は東京都議会有志の会で、「総裁選では憲法改正が争点となる。憲法改正のためには発議する国会でも、国民の皆さんにもご理解いただかなければならない」と述べ、事実上の出馬表明と受け止められた。

安倍にしてみれば、やや“遅きに失した”感の否めない岸田不出馬だが、この流れは自らが引き寄せたものと自負している。ひと月余り前の6月18日夜、東京・赤坂の日本料理店「古母里」で岸田とサシで会食した安倍は、究極の一手を打っていたからだ。

「私が今こうしてあるのは官房副長官、幹事長、官房長官と小泉さんの政権中枢を経験させてもらったおかげです」。総理総裁を目指すのなら政権中枢、今の岸田にとっては幹事長を経験しておくべきだ――。言い方は婉曲的だが、ポストによる露骨な籠絡だ。

御公家集団と呼ばれる宏池会の嫡流で、政治センスのなさでは定評のある岸田のこと。彼はこの時、安倍の言葉の含意が分からず、特段の反応を見せなかった。それどころか岸田が返した言葉はピント外れのものだった。

「私は派閥会長と言ってもまだ派内を掌握できておらず、皆の意見を無視できないんです。私が『総裁選に出て負けて宏池会が干されたら中堅や若手が困るだろう』と言っても『構わない』という声が多いんですよ」。あまつさえ「どうしたらいいでしょう」と泣きを入れ、安倍を呆れさせた。

絵に描いたような岸田の優柔不断さゆえに密約成立とはならなかった。だが、この時「岸田に戦闘意志なし」と踏んだ安倍は一手を打つ。声をかけたのは若手時代からの「お友達」である岸田派の根本匠筆頭副会長や非戦論の急先鋒である望月義夫事務総長。彼らを使い、「総理の座は勝ち取るべし」と主戦論を唱える林芳正座長ら一部のベテラン、中堅、若手を抑えて、岸田を撤退に追い込んだのだ。

竹下派切り崩しの秘技

岸田と並ぶ安倍の次なる攻略対象は竹下派だった。今春、額賀福志郎に代わって派閥会長に就任した竹下亘は、「安倍さんが引き続き総理になるか。『はい、その通り』とは即答しかねる」と漏らしていたからだ。

派閥創設者の竹下登の異母弟でNHK記者から政治家に転じた亘が、逆らえない人物がいる。兄の秘書を長く務めた後、地元島根選出の参院議員に転じ、かつて参院自民党の「ドン」と恐れられた青木幹雄だ。青木は自らの直系である今の参院自民党最大の実力者、吉田博美参院幹事長・竹下派会長代行を通じて派閥運営を左右する。

そもそも亘が額賀の後の派閥会長になれたのも、青木が吉田ら参院側を使って額賀に引導を渡したからだ。亘は一定の数を持ちながら、あえて総裁選の支持を明確にしない、あいまい戦術をとった。それも、狐と狸の化かし合いのような旧い永田町の駆け引きにたけた青木の意向に沿ったものだった。

亘も青木も究極の目標は、小渕恵三の愛娘、優子を日本初の女性総理に押し上げること。しかし優子は44歳と若く、3年前、政治資金問題で躓いたばかり。総裁を狙うのは「次の次」以降だ。青木は自分の後を継いだ息子の参院議員青木一彦の選挙で石破の世話になっており、今回は石破支持を打ち出すのではとの見方が根強かった。

安倍が石破を完膚なきまでに叩きのめすためには、竹下派を味方に付けるか、少なくとも全面的な石破支持を阻止することが必須。安倍は、竹下派対策の要諦は青木対策にあると睨んだ。

鍵は来年の参院選だ。改選議席が一に減った長野選挙区で吉田が野党の羽田雄一郎相手に苦戦必至とみるや、吉田を比例区に転出させ、次回から導入される「特定枠」の名簿上位で当選を保証する案まで考え周辺に漏らした。もっとも、構想通り「特定枠」で処遇された吉田が4回目の当選を果たしても、「選挙区から逃げた」と批判され力を失いかねない。ここにも、吉田を可愛がる青木をあらゆる手を使って懐柔したい安倍の執念がうかがえる。

同時に、安倍は竹下派内で自身への支持を増やす多数派工作に精を出す。派内の一定以上を安倍で固めてしまえば、さすがの青木も無理はできないだろうとの計算だ。安倍は、経済再生相で竹下派会長代行の茂木敏充、厚生労働相の加藤勝信、竹下派事務総長の山口泰明、元総務相の新藤義孝ら安倍支持を公言している竹下派の面々に声をかけ、「一人でも多くの仲間に安倍支持と言わせてほしい」と頼み込んだ。

「9月の総裁選も、しっかり三選を自ら勝ち取って、そして万全な態勢で、日朝交渉に臨んでもらいたい」

山口が6月13日夜、東京都内で開いた自身の政治資金パーティで、竹下を差し置いて安倍三選支持を表明したのはその号砲だった。

7月25日、吉田を平河町に構える事務所に呼んだ青木は、「参院は石破支持でまとめなさい」と指示した。

安倍は第一目標である竹下派からの全面的な支持取り付けこそかなわなかったが、青木の指示を参院にとどめることには成功した。今後は、各個撃破で態度を決めきれない竹下派の衆参両院議員の支持獲得に力を注ぐ。

岸田派と竹下派の大勢を取り込むことにほぼ成功した今、安倍の最大の懸念はただ一つ。それは今回から国会議員と同じ票数となり、重要度を増した地方票の行方だ。内閣支持率は回復傾向にあり、各マスコミの世論調査によれば、自民党支持者の間では石破を大きく引き離してトップに立つ。とはいえ、森友学園や加計学園の問題への対処の仕方に国民の視線はなお厳しい。長期政権による「飽き」も広がる。安倍自身は、数か月前まで「前回は地方票で石破氏に負けたが、今度は現職総裁としてそうはさせないので大丈夫だ」と自信を示していた。ところが最近、地方党員の間に安倍に厳しい意見が多いとの情報が多く寄せられ、一転、気を引き締めている。

党員投票年齢引き下げも

一方の石破も議員票では広がりを欠くので、地方票で圧倒的なトップに立つ以外に活路を見いだせない。ある石破支持の議員は「地方票で石破がトップに立つとの見通しが報じられれば、議員票もかなり石破に流れる可能性はある。そこに期待するしかない」と望みをつなぐ。かつて地方票での圧倒的優位を背景に総裁選を制した小泉純一郎元首相にならった戦略だ。

「自民党支持者の間で私の支持が高いといっても安倍内閣の支持者は20代、30代の若者が多い。実際に投票権を持つ自民党員は中高年層が多いから楽観はできない」。安倍は周辺にこう語り、懸念をのぞかせている。

公選法や国民投票法の選挙権年齢引き下げと整合性を図るとの名目で、自民党は「20歳以上」としている党員投票年齢を「18歳以上」に引き下げる方向で検討に入った。これも安倍の懸念を忖度した措置とみられている。

当の安倍は外交日程以外、9月の投票日まで地方の党員への働きかけに注力する考えだ。また、石破が頼みとする小泉進次郎を巡っても、官房長官の菅がさかんに「将来のリーダー候補」と持ち上げ、囲い込みに余念がない。

「白河の戦いでは東軍、西軍兵士だけでなく住民の方々も犠牲になりました。先人たちは敵味方の区別なく、手厚く弔い、慰霊碑を建て、香花を手向けられています。どこまでも寛容な心を忘れることはありません」

7月14日、福島県白河市で「白河口の戦い」の犠牲者を弔う合同慰霊祭が開かれた。「白河口の戦い」とは150年前の戊辰戦争で、会津藩や東北諸藩からなる奥羽越列藩同盟と、長州藩などの新政府軍が交通の要衝を巡って激しく衝突した戦闘だ。その慰霊祭で長州出身である安倍のビデオメッセージが流れ、会場はざわめいた。

当初、安倍のメッセージは予定されておらず、約1000人の参加者に配られた式次第には記載されていなかった。これは依頼されれば受けるとの安倍サイドの感触を得た鈴木和夫市長の要請で、急遽実現した企画だった。

2016年の参院選の改選一人区で自民党は東北6県のうち秋田以外を取りこぼした。安倍が長州出身を誇りにしていることや、奥羽越列藩同盟から秋田藩が脱落した歴史を引き、当時、民進党幹事長だった枝野幸男は「現代の戊辰戦争」だと勝因を解説した。

枝野の解説の当否は別にして、12年の政権復帰以来、計4回の衆参両院選での圧勝が求心力の源泉である安倍にとって、東北は鬼門になりかねない地域。東北で安倍支持を広げることは、総裁選だけでなく、憲法改正に向けて是が非でも勝たねばならぬ来年の参院選での弱点を補う狙いもある。

総裁選「その先」のカギ

現在、安倍陣営では首席秘書官の今井尚哉らを中心に極秘の調査が進む。細田派の国会議員、地方議員に加え、メディア関係者や内閣情報調査室まで駆使して、石破がいつ、どこに入り、誰と会って、何を話したかを調べているのだ。反応が良かったという情報があれば、その地域に安倍が出向く、あるいはビデオメッセージを送る。場合によっては安倍自身や菅ら側近が直接電話を入れてくぎを刺す徹底ぶりだ。

独裁政権による反乱勢力の鎮圧を彷彿とさせるこの計略は、安倍の自信のなさの裏返しでもある。

そもそも安倍が国政選挙で連勝できたのは、主要野党の分立が原因だ。

「安易な合従連衡」を嫌う立憲民主党代表の枝野は、国民民主党や共産党との表だった選挙協力を拒み続けるが、参院選まで一年を切り、他の野党間では立憲優位の候補者棲み分けもやむなしとの声が上がる。9月4日に代表選を予定する国民からは、野党連携を進められない玉木雄一郎、大塚耕平共同代表を降ろそうという策動も漏れる。

岸田が不出馬を表明したその夕方、安倍は、東京・内幸町の帝国ホテル宴会場「孔雀の間」で開かれた日本医師会の役員就任披露パーティに出席。会長4選を決めた横倉義武への祝辞で、意味深長な発言をしている。

「横倉会長が初めて会長に就任されたのは2012年の4月だったと思いますが、その5か月後に私が自民党総裁として復活をさせていただきました。強引に結びつける考えはございませんが、自民党では4選した総裁は佐藤栄作総理ただ一人です」

こう言って安倍は続けた。

「今、4選はできないようになっていますが、まさに、ある意味では継続は力。日本医師会ここにありと示していただいている」

安倍にとって政権の長さでのライバルは今や大叔父の佐藤だけ。現在は総裁4選できないルールだが、党是である憲法改正を成し遂げればそれも可能になる――と聞こえなくもない。

憲法改正を掲げ、森友・加計学園問題から逃れて、さらなる政権運営に当たろうとする安倍。その未来を左右するのが9月の総裁選だ。

(文中敬称略)

(赤坂 太郎)

Gunosy
続きを読む
コメントするにはクリックしてください

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


政治

【自民党総裁選】重み増す党員票 前回対決は石破茂氏圧勝 投票権拡大は首相有利?

更新日

サイト運営者

自民党総裁選で焦点となるのは、党員・党友票の行方だ。これまで300票に固定されていたが、今回は国会議員票と同数の405票が配分され、投票権も18歳以上に拡大するなど、重みを増す改革がなされた。国会議員票の約7割強を固めている安倍晋三首相(総裁)は党員票でも圧勝を目指し、連続3選後の政権基盤を盤石にしたい意向だ。一方、石破茂元幹事長は党員票で首相を上回り、将来の「ポスト安倍」の芽を残したい考えだ。

改正された総裁公選規程は無投票だった前回の平成27年総裁選から適用され、6年ぶりの選挙戦となる今回から本格的に適用される。党員の参加意識を高める狙いがあり、さまざまな改革がなされた。

従来は党員票を都道府県連ごとに集計し、各地の党員数に応じて事前に割り振った票数を比例配分していたが、全国一括集計に改める。地域ごとの偏りが出にくく、「死に票」がなくなるメリットがある。

ただ、集計は今まで通り都道府県連ごとに行うため各地の候補の得票数を把握できる。首相陣営は「どの議員が集票活動を一生懸命にやったか推測できる」(細田派幹部)と語る。

投票権は2年間党費を払った20歳以上に与えられるが、党は投票資格を「18歳以上」に引き下げる決定をした21日の総裁選挙管理委員会で、特例で「29年の党費を納めた党員」とすることも確認した。

5人で争った24年総裁選は、300の党員票のうち石破氏が165票(得票は23万3376人)、首相が87票(同14万668人)を獲得した。この得票率を今回の形式に当てはめ、両氏の一騎打ちとの前提で試算すると、石破氏253票、首相152票となる。

首相周辺は「現職首相である今回は前回と違い、強い集票力がある」と話す。「党員票で負けたら総裁選後の求心力にかげりが出かねない」との危機感もあり、首相は7月から党員票対策として地方議員との会食などを積極的に増やしてきた。

党員数は野党だった24年に73万人台だったが、29年は106万8560人まで回復した。首相は世論調査で若者層の支持が多く、政府高官は「若い人は首相に投票してくれる。景気がよく、党の支持団体の陳情も丁寧に受けており、組織的な集票も期待できる」と自信満々だ。

対する石破氏の陣営は、首相の長期政権批判の受け皿を狙う。石破派幹部は「議員票で劣勢の分、判官びいきもあるだろう」と語る。党幹部は、石破氏が将来の「ポスト安倍」に望みをつなぐ条件として「党員票と議員票の合計で3割、計250票を取れるかどうかだ」と話している。(沢田大典)

Gunosy
続きを読み

政治

防衛予算5兆2986億円 過去最大に 来年度概算要求、7年連続増

更新日

サイト運営者

防衛省は今月末に決める平成31年度予算の概算要求について、過去最大となる5兆2986億円を計上する方向で最終調整に入った。7年連続の要求増で、30年度当初予算から約1千億円の増額となる。北朝鮮による弾道ミサイルの脅威をにらんだ陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や、最新鋭ステルス戦闘機F35Aなどを購入する。複数の関係者が21日、明らかにした。

米軍再編経費などを含めた30年度の当初予算は5兆1911億円で、第2次安倍晋三政権の発足以降、6年連続で増加している。北朝鮮の核・ミサイルや中国による海洋進出に対応するため、政府はさらなる増額が必要と判断した。

イージス・アショアに関しては最新鋭レーダーなど2千億円超を盛り込む。米朝首脳会談の実現で朝鮮半島情勢の緊張は緩和しているが、政府は「北朝鮮の脅威は変わっていない」(高官)として導入を進める。

中国軍を念頭においた南西諸島防衛のため、航空自衛隊のF35Aや海上自衛隊の護衛艦、潜水艦の取得費も計上する。敵の射程圏外から発射でき、敵基地攻撃能力にも転用可能な「スタンドオフ・ミサイル」も導入する。自民党が政府に提言した海自の「いずも」型ヘリコプター搭載護衛艦の空母改修は見送る。

防衛費は過去最大の要求となったが、高額な装備費を複数年度に分けて支払う「後年度負担」が全体の約4割を占め、「総額は増えたが十分な防衛予算とはいえない」との指摘もある。

Gunosy
続きを読み

政治

米、CO2排出規制を緩和=火力発電に新基準

更新日

サイト運営者

No image

米東部メリーランド州ボルティモアにある石炭火力発電所=3月9日(AFP時事)

【ワシントン時事】トランプ米政権は21日、石炭火力発電所などからの二酸化炭素(CO2)排出規制を緩和する新たな基準案を公表した。オバマ前政権が策定した規制よりも排出が増える見込みで、地球温暖化対策に後ろ向きなトランプ政権の姿勢が改めて浮き彫りになった。

環境保護局(EPA)が発表した新基準は、オバマ前政権の「クリーンパワープラン(CPP)」に代わる規制。効率向上につながる新技術の導入を促すが、発電所からのCO2排出に削減目標は設けない。規制策定は各州に委ねられており、石炭業界や化石燃料を生産する州に配慮した内容となる。

CPPはCO2排出量を2030年までに05年比で32%削減する目標を掲げた。新基準には「約34%削減」を盛り込んだものの、達成時期は明記していない。火力発電業界全体で規制に伴う負担が年間4億ドル(約440億円)軽減されるという。

EPAは意見公募などを経て、来年初めにも導入する意向。ただニューヨーク州などは規制緩和が健康被害を招くと問題視し、提訴する構えを見せており、実現の時期は不透明だ。(2018/08/22-05:26)

Gunosy
続きを読み
広告
国際4日前

10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に

社会6日前

10歳女児、指先切り落とす 「ダイソー」が筆箱回収

社会5日前

豊洲市場に「杭打ち偽装」疑惑が浮上…施工業者が決意の告発!

コラム4日前

高1少女の「裸の動画」をLINEで拡散 高校生たちの残酷な遊戯に警察が警鐘

エンタメ7日前

船越英一郎 本当に経験した不思議体験を告白…山奥の寂しい旅館に行くと…

経済6日前

顧客口座から5600万円着服 京都銀行が行員を解雇

国際4日前

アモイ航空の旅客機がオーバーラン、フィリピンの国際空港

コラム7日前

山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

社会4日前

みだらな自撮り送らせ拡散させたか、16歳少年ら14人書類送検

エンタメ6日前

木村拓哉の次女Koki,は、お笑いコンビ「完熟フレッシュ」レイラちゃん似?

IT・サイエンス6日前

スマホ自撮りカメラアプリのペコカメラ、カントリーマアムのいたずらマアムくんが登場

社会7日前

山口・不明男児発見、猛暑の中2日以上独りぼっち「奇跡的な好条件重なったか」日本こどもの安全教育総合研究所

コラム7日前

ファミレスで赤ちゃんがうんち 母親の「ありえないSNS投稿」に批判殺到

エンタメ5日前

「リメンバー・ミー」の天才少年の歌声 涙流す観客も

社会7日前

わずか20分で発見…ボランティア男性の場数踏んだ勘

社会7日前

【富田林脱走】逃走に使ったとみられる赤い自転車発見、羽曳野市周辺潜伏か 足取り初めて判明

社会6日前

理稀ちゃん発見の尾畠春夫さん!これまでも各地で大活躍の凄腕ボランティア

コラム2日前

【今週の運勢】8月20日(月)~8月26日(日)の運勢第1位は乙女座! そまり百音の12星座週間占い

エンタメ3日前

大島麻衣“大人カワイイ”8年ぶり写真集 30歳記念に

IT・サイエンス6日前

8/15 夕方のセール情報!シンプルなタスク管理アプリ『New World ー 新境地』840円→無料

国際6日前

【報ステ】文大統領「日韓協力が日朝国交の正常化」

エンタメ6日前

27年ぶり最新作「機動戦士ガンダムNT」 メインキャラのポーズが気になる

社会7日前

無事発見!周防大島の2歳男児―山の中で3日間どうしてたの?

社会2日前

佐賀・武雄市で男子中学生が特急列車にはねられ死亡

社会7日前

山口・不明の2歳児が無事保護 発見した男性と町民たちの大捜索に称賛の声

国際5日前

英リバプールFC、「日の丸踏み付け」画像が波紋 韓国語版ツイッターが投稿…現在は削除

社会7日前

家のすぐわきで3日間!周防大島町の不明2歳児・・・水や食べ物は?

社会1日前

歓楽街「ブロックM」のカラオケ店、買春行為が可能

社会4日前

大会彩る装飾に 東京五輪の基本デザイン発表

社会5日前

皇太子ご一家が静養 浜辺を散策…愛子さまが貝拾い

社会6日前

赤いねじり鉢巻きで2歳児発見の尾畠さん!風呂も食事も辞退・・・「ボランティアですから」

国際3日前

メキシコの山中で覚醒剤50トン発見

社会7日前

捜索中に「僕、ここ」と返事 山口・不明男児発見

国際6日前

【報ステ】イタリア・高架橋崩落 構造上の欠陥か

コラム5日前

謝礼を断固拒否!尾畠さん流儀←ネットで称賛の嵐

エンタメ6日前

リース・ウィザースプーン、蝶柄ドレスが絶賛される!

コラム4日前

3度目のお泊まりデートで、男の態度が急変。”彼女になれない”女がやりがちなミスとは

社会4日前

女が銭湯浴槽にシンナーか “袋に液体”注意受ける

経済4日前

JAL、ホノルルに新ラウンジ「サクララウンジ・ハレ」オープン

エンタメ6日前

木村拓哉が“私服”の二宮和也をコーディネート!『ぴったんこカン・カン』8・17放送

コラム7日前

若者には、いまの年寄りの人生アドバイスが役に立たない理由――2018上半期BEST5

社会4日前

10万円奪ったコンビニ強盗 公開画像の男を逮捕

コラム3日前

置くだけで「ゴキブリを家に寄せ付けない装置」が話題!

社会5日前

【居合道不正】剣の最高位、カネで…範士合格に計650万円要求 審査側は「誠意や」

社会3日前

長さ250mの橋が90度回転…東京五輪ボート会場

社会4日前

介護タクシー追突され104歳女性死亡 宮城

経済5日前

太陽光発電普及で電力需給バランス不安定に 夕方以降に出力急減、安定供給との両立課題

スポーツ4日前

金足農“怪物”吉田、3戦〆て41K!板東83奪K超え見えた/甲子園

コラム5日前

“絶対恋愛成就”にしむらきよしの恋愛開運法<8月16日~8月31日までの運勢は?>

国際2日前

マンモス?巨大タコ? ロシアの海岸に“UMA”?

グルメ1時間前

美しすぎる♪ 抹茶とチョコレートが織りなす「かぐや姫の世界」デザートブッフェ開催

グルメ1時間前

コンビニ商戦秋の陣、主戦場“レジ横”に異変

グルメ1時間前

サバ缶×キムチで火を使わなくてOK さっぱり楽ちんサマービビンバ弁当

グルメ1時間前

ローソンにしっとりビターな「ショコラパイサンド」!ワンハンドで味わうリッチなスイーツ

グルメ1時間前

コスパ最高!丸亀製麺の飲み放題セットで「べろべろに酔う方法」を試してみた

グルメ1時間前

崩れていてもかわいい…? ちょっとホラーなローソン限定「ひよこちゃんまん」

グルメ1時間前

ここまで透き通ったスープは見たことない!究極の淡麗ラーメンがすごい!

スポーツ1時間前

ヤクルト館山 得意の球場で白星なるか/セ見どころ

スポーツ1時間前

本田圭佑、不可能を可能にした生き様とは? 自身の能力を超えたキャリア、その挑戦は続く【宮澤ミシェルの独り言】

スポーツ1時間前

エンゼルス・大谷、金足農たたえる=米大リーグ

スポーツ1時間前

国民民主党代表選 玉木共同代表と津村氏が届け出

スポーツ1時間前

奇跡の共鳴!? 神童ムバッペとロナウジーニョ、瓜二つの美技弾に反響「デジャブだ!」

スポーツ1時間前

根尾「まだ実感ない」=偉業から一夜明け-高校野球・大阪桐蔭

スポーツ1時間前

日中が大接戦!アジア大会競泳のメダル数=中国ネット「日本がこんなに強いなんて…」「公明正大な競争は大歓迎」

スポーツ1時間前

大谷 早期投手復帰へ意欲「そう遠くない時期に」

スポーツ1時間前

ナショナルズ・マーフィー、トレードでカブスへ

スポーツ1時間前

ユーベ、ボスニア代表MFと2023年まで契約延長。セリエA優勝や伊杯制覇に貢献

スポーツ1時間前

ラキティッチの移籍 全てはお金次第

スポーツ1時間前

レワンドフスキを狙うレアル…バイエルンが警戒するのは代理人か

スポーツ1時間前

穂積、加藤は敗れるも男子ダブルス勢はそろってベスト8進出 [第18回アジア大会テニス競技]

スポーツ1時間前

アウェーチームのロッカールームをピンク色に! 英2部クラブの仰天心理作戦の効果の程は!?

スポーツ1時間前

シアラー氏がアグエロを絶賛「プレミア歴代外国人選手の中で一番」

スポーツ1時間前

ユーヴェと契約解除のマルキージオ…スペイン、フランスが新天地候補か

スポーツ1時間前

チェルシー、主力DFに対する全オファー拒否へ。スペイン移籍は無しか

スポーツ1時間前

大谷同僚のアップトン 10日間のDL入り 割れたワイングラスで指を切る

スポーツ1時間前

久保裕也がニュルンベルクで練習に初参加! 公式ツイッターが提案する「久保に必要なドイツ語は…」

スポーツ1時間前

「スーツで満員電車に…」オリックスのドラ3福田を支える社会人時代の3年間

エンタメ1時間前

ホンマに売れた!宮川大輔「アントマン&ワスプ」キャストとのイベントに大喜び

エンタメ1時間前

「百華響演」役者、ダンサーらの写真ずらり 日本舞台写真家協会展、大阪・吹田で

エンタメ1時間前

「木村先輩がおごってくれまして」TOKIO・国分、ジャニーズ被災地支援の舞台裏明かす

エンタメ1時間前

『007』新作からダニー・ボイル監督降板!創作上の意見の違いで

エンタメ1時間前

秋田朝日放送「残念です」 決勝中継は視聴率出ず 決勝日は調査対象外だった

エンタメ1時間前

【連載】『わたし、39歳で「閉経」っていわれました』第3話 閉経疑惑…気のせい?本当??【後編】

エンタメ1時間前

“のりもの好き”なキッズが大興奮!水陸両用ハイパーポリスカーつき『最強のりものヒーローズ』最新号

エンタメ1時間前

30代40代元りぼんっ子必見! 大人になって知る『りぼん』ふろくの制作秘話がおもしろい!

エンタメ1時間前

佐藤健の“朝ドラ”とのギャップに驚きの声 『義母と娘のブルース』7話

エンタメ1時間前

夏菜、「やっぱりお胸に目が…」」赤いボンテージ姿に称賛の声相次ぐ

エンタメ1時間前

FRISK × GReeeeN、新曲「フリスキュー」スペシャルムービー公開

エンタメ1時間前

美人女優ルビー・リン、加工なしの“恐怖写真”が再登場!「恨まれてるのか?」ネットユーザーは驚き―台湾

エンタメ1時間前

Sexy Zone、大役への意気込み語る 『テレビジョン』で6大ジャニーズ特集

エンタメ1時間前

MISIA、ドラマ『義母と娘のブルース』主題歌のキラーフレーズ“あのね 大好きだよ”の誕生秘話をトーク

エンタメ1時間前

これほど多くの中国人に影響を与え、そして愛された日本人はいない・・・その人物とは?=中国メディア

エンタメ1時間前

今年も電車でジャズライブ 山陽電鉄、9月15日開催

エンタメ1時間前

元ミニスカポリスから「離婚も視野に入れている」と宣告された夫のその後を追跡

エンタメ1時間前

ヘンリー王子夫妻がジョージ・クルーニー夫妻と休暇

エンタメ1時間前

AI製フェイクポルノで問題となった技術を「新しいサービス」に利用するポルノ映画製作会社が登場

エンタメ1時間前

シャンパンタワーで二十歳をお祝い!『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!PARTY!』イベントレポート

エンタメ1時間前

吉本坂46のメンバーを発表! 暫定センターになったのは誰?

エンタメ1時間前

Noism最新作は舞踊×演劇『ROMEO&JULIETS ロミオとジュリエットたち』

エンタメ1時間前

今夜『高嶺の花』別れを選んだももと直人、それぞれに新しい出会いが

広告

NEWSランキング